過払い金清算で借金が残ったら|過払い金請求訴訟ガイド



過払い金清算で借金が残ったら

過払い金請求するときは、通常、発生している過払い金によって、借金がなくなる場合が基本です。

 

しかし、そうも言ってられない場合は、過払い金で借金が減額できる場合でも、債務整理に走ることは可能です。

 

ただし、こうなると、借金が残るわけです。

 

この場合、特定調停を利用します。

 

特定調停をすると次のようになります。

 

・これまでの取引経過を利息制限法に基づいた引き直し計算し、債務額を確定させます。

 

・将来利息はカットされます。

 

・確定した債務額を原則3年間の分割払い(36回)にします。

 

特定調停は、相手と直接話あうわけではなく、2名の調停委員が間に入って、話し合います。

 

返済条件も調停委員が交渉してくれます。

 

費用的にも安価で、素人にもハードルの低い制度です。

 

それでは、特定調停を勉強していきましょう。

 

特定調停

過払い金清算で借金が残ったら記事一覧

特定調停

特定調停の手順とりあえず、まずは発生している過払い金を回収します。これは大事なお金ですので、とっておきましょう。可能なら、一部の返済に充ててかまいません。次に、現在の債務について、裁判所へ特定調停を申し込みます。特定調停は、特定調停申立書を準備(裁判所でもらいます)し、1社につき500円の印紙と切手...

≫続きを読む