ドロップシッピングの儲け技集 

ドロップシッピング開業パック『雷神(SEOパック)』

ドロップシッピングの基本から上級者技まで網羅した、ドロップシッピングをはじめるならまずはコレ読んでってサイトです

サイトマップ

ドロップシッピングの仕組み

ネット通販が好調だといわれていますが、すべてのネットショップが成功しているわけではありません。



人気ショップだけが生き残り、その他のショップは淘汰されていく厳しい時代を迎えています。

そこで、売るためのノウハウをしっかり理解していなければ、ネットショップで成功することはできません。

最近、ネットビジネスで注目を集めている販売システムに、ドロップシッピングと呼ばれるものがあります。

今までのネットビジネスではアフィリエイトが主流でした。これは、企業サイトへのリンクを設置し、リンク先で会員登録や商品購入などの成果に応じて報酬を得る手法です。

しかし、アフィリエイトの報酬は、売上の数%と低いため、実際に多額の利益を得ている人はほんのわずかです。

しかし、ドロップシッピングでは、商品価格の20%を利益とすることも可能です。

さらに、商品の仕入れや会社の設立などの準備の必要もありません。

ドロップシッピング(Drop Shipping)とは、直送という意味です。

つまり、購入された商品が、卸売業者やメーカーから直接顧客へ配送される販売システムです。

従来のネットショップとは異なり、販売者は商品の在庫を持たずに、販売のみを行います。

ドロップシッピングでは、DSP(ドロップシッピング・サービス・プロバイダー)が製造や開発、商品の仕入れ、在庫管理などを行い、ドロップシッパーには、商品名や説明、商品の画像や卸価格などの情報だけを伝え、実際の商品を渡したり、買い取らせることはありません。

ドロップシッパーは、DSPから提供された情報を元に、魅力的なキャッチコピーや説明文を考え、販売価格を設定し、ネットショップで販売を行います。

販売価格と卸値との差額がドロップシッパーの利益です。

顧客がネットショップで商品を注文すると、ドロップシッパーはDSPに注文情報を送信します。

DSPは、ドロップシッパーの名前で顧客に商品を発送します。

そのため、顧客からはドロップシッパーと卸売業者、メーカーが同一に見えるのです。

100円リスティング広告
ドロップシッピングの仕組み
DSPの役割
ドロップシッピングのメリット
アフィリエイトとドロップシッピングの違い
通常のネットショップとドロップシッピングの違い
ドロップシッピングを始めるには
DSPを使えばパソコン初心者でもドロップシッピングができる
自分のショップのイメージを固める
ショップを始める前に
ネットで売れる商品
商品と関連性がある店舗名
売れる商品を選ぶためにはリサーチが必要
儲かる価格設定
インフォメーションページの設置
商品の並べ方
売上ランキングの設置
著作権に気をつけたい素材
ショップの開店
商品選択と価格設定
ブログでドロップシッピング
サイト作成に慣れている人のドロップシッピング
商品説明の書き方
インパクトの強いページ作り
商品写真の撮影と補正
サイト制作をプロに依頼する
サイトの宣伝
SEO対策の基本
キーワードを決める
リンクの重要性
ソーシャルサービスで集客
検索エンジンスパムに注意
モバイルSEO対策
究極のSEO対策
ブログから集客
アクセス解析
リピーターを増やす
メルマガの配信
また来たくなる店作り
SEMを導入した検索エンジン対策
売れない理由の分析
集客を狙う戦略
お客様の声の活用
ショップのリニューアル
読み物からの集客
DSPのメリットを活用
理想的な商品構成
ショップのカスタマイズ
広告素材で商品をアピール
オリジナル画像やJavaScriptの配置
同業者との交流を図る
消費者の行動パターンを分析
独自ドメインの取得
価格設定のテクニック
ネットショップやアフィリエイトサイトの併用
モバイルショップの構築
ネットショップ関係の法律
確定申告が必要となるケース
業務を振り分ける
DSPに仕入れを提案
キャラクター商品の著作権
成功者の体験談
リアルドロップシッピング専用SEO対策済みテンプレート【楽ちんリアルDS pro TypeA】
もしもAPI ドロップシッピングサイト自動構築プログラム
0円で始める「ドロップシッピング」成功の法則
ID入力で商品ページ自動生成!もしもドロップシッピング×ワードプレス SEO対策済最強テンプレート「ドロップレス」携帯サイトも自動生成!



ドロップシッピングの儲け技集 All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。