弁護士(司法書士)費用はこんな感じ|迷ったら法律相談

弁護士(司法書士)費用はこんな感じ

過払い金返還請求訴訟における、一般的な弁護士(司法書士)費用を紹介します。

 

尚、費用を支払うのが厳しい場合は、分割払いにも応じてくれるところが多いので、一度相談してみましょう。

 

弁護士への相談料

 

30分 5250円

 

過払い金請求訴訟の弁護士費用

 

着手金 1社あたり2万円
報酬金 1社あたり2万円
 + 貸付業者が主張する残高 × 10%
 + 回収した過払い金 × 20%
実費・消費税 着手金、報酬金と別払い (裁判費用・移動費用など)

 

例えば、取引先1件で、最終の取引時に入手したATM明細が40万円で、最終的に過払い金が60万円戻ってきた場合は、着手金+報酬金=20万円となります。ので、60−20=40万円が手元に戻ってくるわけです。

 

自分一人で裁判を最後まで闘う手間隙を考えると、決して高くはないかもしれません。

 

 

※ここでいう司法書士とは、認定司法書士(法務大臣の認定を受けた司法書士)を指します。認定司法書士は訴額が140万円までなら、訴訟代理権を持って弁護士と同様の業務を行うことができます。

 

注意

最近過払い金について、知名度が上がってきたせいか、弁護士でも司法書士でもないの、どこからともなく手に入れた消費者金融利用経験者のリストをもとに「過払い金をとりもどしましょう」と代理人をかたる輩がいるようです。

 

これは、れっきとした弁護士法違反ですが、声をかけられた本人はお金が戻ってくるだけで満足してしまうので被害にあったとは認識せず、被害届けが出されないので、警察もなかなか正体がつかめないようです。


関連ページ

無料相談を利用する
あなたのお金「過払い金」サラ金から取り戻す手段を任意整理から破産等の公的手段や訴訟まで筆者の体験談を添えて実例を交えて詳しくガイドします