過払い金返してくれないなら訴訟だ!|過払い金請求訴訟ガイド



過払い金返してくれないなら訴訟だ!

電話での過払い金請求交渉では、折り合いが付かない・埒が明かない、電話での過払い金請求交渉を避けたい人は、もはや裁判でしか解決する道はありませんので、訴訟提起となります。

 

訴訟提起するだけなら、簡単です。

 

弁護士の手はなくても自分でできます。

 

訴訟提起すれば、多少お金(裁判費用)はかかりますが、貸金業者も普通は裁判を避けたいので態度を緩和させ、ある程度妥協した形で和解交渉を進めてくるケースもあるようです。

 

訴訟提起するだけでもがんばってやってみましょう。

 

う〜ん むずかしそうだから、と毛嫌いしないでください。

 

このサイトでは、訴状(裁判所に提出する書類)の雛形から書き方、必要な費用までしっかり掲載していますので、よ〜く 熟読してチャレンジすれば、心配は要りません。

 

どうしてもどうしても自分では無理、時間が取れないという方は、弁護士(司法書士)へ依頼しましょう。

 

司法書士なら書類を作成するだけでも受け付けてくれます。

 

では、訴状提出までを説明していきます。

 

訴訟費用はこれだけ!

 

訴訟に必要な書類

 

訴訟の流れ

 

訴状などサンプルダウンロード

過払い金返してくれないなら訴訟だ!記事一覧

訴訟費用はこれだけ!

訴訟費用とは、通常訴状作成に要する印紙代や、裁判所へ支払う切手代がそれにあたります。過払い金請求訴訟にかかる、訴訟費用は、実はこれだけです。あとは、裁判所への移動費用実費などがかかるだけなんです。以外と安いでしょ。たとえば55万円の過払い金返還請求なら、印紙代は6000円です。請求する額の約1%です...

≫続きを読む

 

訴訟に必要な書類

過払い金返還訴訟の訴訟提起に必要な書類は、通常、次のようなものです。まともな取引経過を入手できなかった場合や、他の請求訴訟事件と併せて提起する場合は、他に必要な書類が出てくることがありますが、複雑になりますので、素人の手には負えません。その場合は弁護士(司法書士)へ依頼しましょう。訴状過払い金請求訴...

≫続きを読む

 

訴訟の流れ

管轄裁判所訴額が140万円までなら簡易裁判所、140万円を超える場合は地方裁判所となります。(140万円を超えなくても権利関係が複雑などの場合は地方裁判所が管轄となるケースがあります)訴訟は1社ごととして、できるだけ簡易裁判所が管轄となるようにしましょう。自分で訴訟を起こす場合は、丁寧に説明してくれ...

≫続きを読む

 

訴状などサンプルダウンロード

過払い金訴訟用の訴状サンプルダウンロード・請求書>過払い金請求書送付・引き直し計算書>引き直し計算フォームダウンロード訴状を提出したら>裁判だ!

≫続きを読む