確実な投資述!積立投資のススメ! 

勝ち組投資家の手法を探るアノマリートレード

積立投資は地味で目立たない印象を持っています。しかし、市場に安心感を与え、マーケットを支える役割を持っているのが積立投資なのです。

サイトマップ

投資信託のキーワード「ノーロード」「インデックス」

購入時の手数料がかからないノーロードファンド

「ノーロードファンド」とは投資信託購入時に手数料がかからないファンドをいいます。



「ノーロードファンド」を利用すれば積立ての掛け金をまるまる投資信託に充てられるという点が魅力的です。

ファンドを買う時に2%手数料がかかるとしましょう。

そうすると、実際に投資信託を買うことのできるお金は8,000円という事になってしまいます。

つまり、最初からマイナス2%のハンディを背負って投資に入らなければならないのです。

市場そのものを買うインデックスファンド

「インデックスファンド」は市場の平均値と同じ動きをする投資信託を指します。

シンプルかつ低コストで人気も高く、銀行や証券会社でも取り扱っているところが増えています。

投資信託のスタイルは大きく分けて2つのファンドに分けられます。

まず「アクティブファンド」は運用会社の意図で銘柄の売買を行い、市場の平均値よりも高い収益を目指して運用を行います。

いわゆる「夢」がある運用手法です。

これに対して「インデックスファンド」は銘柄を売買することはない、現実的な運用手法です。

投資信託は必ずどちらかを選ぶことになりますが、両者は全く反対の運用哲学があるのです。

アクティブファンドは銘柄のリサーチや売買を行うため、ファンドを維持するための手数料や人件費を必要とします。

そのため、コストが高くなってしまいます。

これに対してインデックスファンドは市場の平均値を保つだけなのでファンドを維持するコストは低く抑えられます。

つまり、両者の「継続コスト」が大きく異なっているのです。

私たちが投資信託を保有する限り継続的にかかるコストを「信託報酬」と呼びます。

私たちが保有するファンドの時価に対して年率〜%というように信託報酬を支払うことになります。

信託報酬の年率が高いと結果としてマイナスになることもあります。

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
世界を股にかけるビジネスマンの疎外感
投資がキライなのはあなたのせい?
日本人に投資が広まらない理由
投資を日本流にアレンジしたら積立てに
つらい投資はしない
「しくみ」があなたの資産を殖やす
投資のプロセス作り
なぜ、今投資を始めるのがベストなのか
人生90年3つのステージ
2つの投資の意味
72歳で預金残高180万円の現実
人生の出費に優先順位を
手取り収入はもう増えない?
マイホームよりも将来の資産を優先させる
公的資金もあてに出来ない
積立て貯蓄はインフレに負けてしまう
目標 65歳時に7000万円の資産
毎月5万円の掛け金をクリアする方法
個人年金保険より、積立て投資
生活防衛資金の重要性
積立て投資を実行するための「4つのプロセス」
なぜ、投資信託を選ぶべきなのか
投資信託の種類の選び方
投資信託に関わる会社
日本は投資信託先進国
投資信託のキーワード「ノーロード」「インデックス」
すべての投資信託は必ずどちらかに該当する
メンタルな充足を求めて
投資信託に対する不安を解消する
魔法のことば「組み合わせ」
ポートフォリオ的発想をしよう
ビジネス感覚で世界に投資する
外貨建て資産を買わないのはなぜ?
センターピンを外さない
積立て窓口を決める3つの条件とは
金融商品の決定
ポートフォリオの三層構造とは?
ポートフォリオ理論
これが組み合わせ3つのパターン
もっと知りたい、配分割合について
配分した割合と貯まった割合は違う
ビギナー型の配分が変わっていく例
積立て投資をスタートしたら年に1度はバランス調整
ボーナス1回は手動で投資する
バランス調整する例
投資姿勢も3つのステージで変化させる
現役ラスト10年の積立て投資ルール
リタイア後の投資ルール
ここが知りたい積立て投資Q&A
積立て投資のメリット9カ条
勝率100%を出し続けている投資法・100万円/月越え続出中『 BookMakerPro2012 』ブックメーカー・プロ2012
【返金保証付き】青木愛弥と学ぶ株式投資錬金術基礎セミナー
【ACB】バイナリーオプション専用自動売買システム 〜オートキャッシュバイナリー〜



確実な投資述!積立投資のススメ! All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。