確実な投資述!積立投資のススメ! 

勝ち組投資家の手法を探るアノマリートレード

積立投資は地味で目立たない印象を持っています。しかし、市場に安心感を与え、マーケットを支える役割を持っているのが積立投資なのです。

サイトマップ

これが組み合わせ3つのパターン

具体的な「配分割合」について考えてみましょう。



あなたの手元にある5万円を毎月どのように配分してポートフォリオを作り上げていくのでしょうか。

ここに挙げる投資信託はすべてノーロード型です。

ビギナー型ポートフォリオ

日本債券 割合30% 毎月1.5万円 ボーナス時6万円

日本株式 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

海外株式 割合30% 毎月1.5万円 ボーナス時6万円

海外債券 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

ビギナー型

リスクを抑えて堅実に積立て投資を行うなら「ビギナー型」が良いでしょう。

組み合わせ配分を決める

「基本四大資産」を取り入れたシンプルかつ分かりやすい配分割合です。

本格的に投資をスタートさせる方はこのポートフォリオから始めると良いでしょう。

「日本」と「海外」の区分けは「日本円建て」と「外貨建て」という意味でもあります。

日本債券ファンドを選ぶ

安全資産である「日本債券」は具体的にどんな投資信託を選べば良いでしょうか。

安全資産は元本確保を最優先するファンドであるべきです。

日本株式ファンドを選ぶ

「日本株式」はトピックスとの連動を目指すインデックスファンドを推奨します。

日経平均株価に連動するインデックスファンドは指数が1つの会社によって管理されているため、銘柄入れ替えなどでどうしても管理会社の恣意性が混ざってしまいます。

トピックスの方が「市場そのもの」という概念により近いと言えるでしょう。

海外株式ファンド・海外債券ファンドを選ぶ

海外株式(先進国)については「均等型」のところで、海外債券については「積極型」のところで具体的なファンドについて示します。

DLIBJ公社債オープン(短期コース)

運用会社 DIAMアセットマネジメント

信託報酬 年0.315〜0.42%

STAM国内債券インデックス・オープン

運用会社 住信アセットマネジメント

信託報酬 年0.462%

MHAN MMF

運用会社 みずほ投信投資顧問

信託報酬 最大年 0.6089%

インデックスファンド TSP

運用会社 日興アセットマネジメント

信託報酬 年0.546%

STAM TOPIXインデックスオープン

運用会社 住信アセットマネジメント

信託報酬 年0.483%

ニッセイTOPIXオープン

運用会社 ニッセイアセットマネジメント

信託報酬 年0.525%

均等型ポートフォリオ

日本債券 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

日本株式 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

海外株式(新興国) 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

海外株式(先進国) 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

海外債券 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

均等型

大胆かつ慎重な方であれば「均等型」がオススメです

組み合わせ配分を決める

均等型には「基本四大資産」に合わせて海外株式(新興国)を組み込んでいます。

新興国は英語で「エマージングカントリー」と言います。エマージングには「新生」「新たに興りつつある」という意味合いがあります。

「地球の残り半分(新興国)では、より豊かな生活をしたいというインセンティブを持ったお金が日々生み出されています」

21世紀、新興国の成長には目覚ましいものがあります。

新興諸国はまだ若く、安定性に欠けますが、同時に高いポテンシャルを秘めているものでもあります。

ただし、先進諸国よりも投資には長期間の不確実性を受け入れる必要があります。

海外株式ファンド(先進国)を選ぶ

まずは海外株式(先進国)から提示しましょう。

海外株式は日本以外の先進国22カ国を集めて「1つの市場」と考えるものです。

その市場の平均はMSCIコクサイ指数と呼びます。

実は日本を含めた先進国の株式だけで世界の株式マーケットの8割以上を占めているのです。

PRU海外株式マーケット・パフォーマー

運用会社 会社プルデンシャル・インベストメント 信託報酬 0.84%

STAMグローバル株式インデックス・オープン

運用会社 住信アセットマネジメント 信託報酬 年0.777%

年金積立インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)

運用会社 日興アセットマネジメント 信託報酬 年0.882%

海外株式(新興国)ファンドを選ぶ

続いて海外株式(新興国)の特徴です。

海外株式(新興国)は23カ国の新興国の代表的な株式をまとめ、そこに1つの市場があると捉えるものです。

市場の平均値をMSCIエマージングマーケット指数と呼んでいます。

23カ国の中には中国、インド、ブラジル、ロシアをはじめ、東ヨーロッパ諸国や東南アジア諸国も含みます。

STAM新興国株式インデックス・オープン

運用会社 住信アセットマネジメント 信託報酬 年0.8715%

積極型ポートフォリオ

日本債券 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

海外株式(先進国) 割合28% 毎月1.4万円 ボーナス時5.6万円


海外株式(新興国) 割合32% 毎月1.6万円 ボーナス時6.4万円
海外債券 割合20% 毎月1万円 ボーナス時4万円

積極型

アグレッシブに高いリターンを狙うなら「積極型」がふさわしいでしょう。

組み合わせ配分を決める

積極型においては日本株式を外しています。

日本株式は世界経済の成長の中で今後低下していくことが予想されます。

また、給与収入では円建てが続くわけですから積極型においては外貨建て資産に投資することを優先します。

今後20年、世界経済の主役が交代すると考えている方には「未来の変化」を先取りした配分だと言えるでしょう。

海外債券ファンドを選ぶ

最後に海外債券のファンドを提示します。

海外債券は日本以外の先進国の債券市場を1つのマーケットと考え、平均値であるシティグループ世界国際インデックスとの連動を目指すファンドを挙げます。

年金積立インデックスファンド海外株式(ヘッジなし)

運用会社 日興アセットマネジメント 信託報酬 年0.7035%

STAMグローバル債券インデックス・オープン

運用会社 住信アセットマネジメント 信託報酬 年0.6720%

PRU海外債券マーケット・パフォーマー

運用会社 プルデンシャルインベストメント 信託報酬 年 0.6825%

これまで3つのパターンを開設しました。

どのポートフォリオでも資産ごとの提示ファンドは同じです。

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
世界を股にかけるビジネスマンの疎外感
投資がキライなのはあなたのせい?
日本人に投資が広まらない理由
投資を日本流にアレンジしたら積立てに
つらい投資はしない
「しくみ」があなたの資産を殖やす
投資のプロセス作り
なぜ、今投資を始めるのがベストなのか
人生90年3つのステージ
2つの投資の意味
72歳で預金残高180万円の現実
人生の出費に優先順位を
手取り収入はもう増えない?
マイホームよりも将来の資産を優先させる
公的資金もあてに出来ない
積立て貯蓄はインフレに負けてしまう
目標 65歳時に7000万円の資産
毎月5万円の掛け金をクリアする方法
個人年金保険より、積立て投資
生活防衛資金の重要性
積立て投資を実行するための「4つのプロセス」
なぜ、投資信託を選ぶべきなのか
投資信託の種類の選び方
投資信託に関わる会社
日本は投資信託先進国
投資信託のキーワード「ノーロード」「インデックス」
すべての投資信託は必ずどちらかに該当する
メンタルな充足を求めて
投資信託に対する不安を解消する
魔法のことば「組み合わせ」
ポートフォリオ的発想をしよう
ビジネス感覚で世界に投資する
外貨建て資産を買わないのはなぜ?
センターピンを外さない
積立て窓口を決める3つの条件とは
金融商品の決定
ポートフォリオの三層構造とは?
ポートフォリオ理論
これが組み合わせ3つのパターン
もっと知りたい、配分割合について
配分した割合と貯まった割合は違う
ビギナー型の配分が変わっていく例
積立て投資をスタートしたら年に1度はバランス調整
ボーナス1回は手動で投資する
バランス調整する例
投資姿勢も3つのステージで変化させる
現役ラスト10年の積立て投資ルール
リタイア後の投資ルール
ここが知りたい積立て投資Q&A
積立て投資のメリット9カ条
勝率100%を出し続けている投資法・100万円/月越え続出中『 BookMakerPro2012 』ブックメーカー・プロ2012
【返金保証付き】青木愛弥と学ぶ株式投資錬金術基礎セミナー
【ACB】バイナリーオプション専用自動売買システム 〜オートキャッシュバイナリー〜






















































































































































確実な投資述!積立投資のススメ! All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。