確実な投資述!積立投資のススメ! 

勝ち組投資家の手法を探るアノマリートレード

積立投資は地味で目立たない印象を持っています。しかし、市場に安心感を与え、マーケットを支える役割を持っているのが積立投資なのです。

サイトマップ

リタイア後の投資ルール

殖やしたお金をどう使うのか

ファンド自動積立て投資はファンドを購入する手間と労力を最小化した投資のやり方です。



ポートフォリオの調整もボーナスからの投資で良いので簡単です。

7000万円の資産を形成したらどうしようか、あなたは考えていますか?

お金を殖やす本当の目的は「お金を使う事」にあります。

お金を殖やす事は簡単な事ではありません。特に積立て投資は長い時間を掛けることです。

しかし、積み上げたお金をどう使うかはもっと難しい事なのです。

「投資信託を買い付ける方法は分かりましたが投資信託を上手に売却する方法が分かりません」

このような声が上がると思います。

確かに、65歳時点で7000万円の資産を作ったとしても、それをどうやって管理すべきなのか。

@今後も資産運用を続けるのか?それとも一度現金化するのか?

A7000万円の資産をどのように使うのか?具体的にはどの信託投資をどのように売却するのか?

資産を無計画に使ってしまうのは良くありません。しかし有意義に使いたいとは誰もが思うことでしょう。

引き出しながら運用を続ける

@に関する答えからいきましょう。

65歳の時点(退職時点)で積立て投資の「積立て」部分は終わります。

しかし、資産運用はまだまだ続きます。

65歳時点での「生活レベル」を維持するためには必要なことなのです。

7000万円の資産は最低限インフレに負けない程度の収益を作るためにつかいましょう。

出来れば生活資金を引き出しつつ、インフレ率を上回るリターンを上げられると理想的でしょう。

つまり「資産運用は継続しながら生活資金を引き出す」必要があるのです。

金額ではなくパーセント!「プライベート年金」の引き出し方

Aに関しては年1回引き出す時、毎月どの程度の費用が必要か考えてみましょう。

毎月25万円が必要だと考えると300万円を毎年引き出していけば良いでしょう。

65歳以降もあなたがリスクを取った運用を続けることになります。

経済動向によっては投資信託の価格が下がってしまうこともあります。

つまり、ポートフォリオが収縮してしまったということです。

そのため、ポートフォリオが収縮されたら「引き出す金額」を割合に応じて下げる必要があります。

逆にポートフォリオが膨らんだ年は普段よりも「多めの金額」を引き出してもかまいません。

すなわち、プライベート年金は金額ベースでは無くパーセンテージで行う事が合理的なのです。

ポートフォリオの運用成績によって支出もメリハリ

リタイア後の資産配分例

日本債券インデックスファンド40%

海外債券インデックスファンド16%

海外株式インデックスファンド(新興国)24%

海外株式インデックスファンド(先進国)24%

これは積極的でありながらも安全資産が高い配分の一例です。

このポートフォリオの期待リターンを年5%としましょう。

期待収益率5%のポートフォリオを運用しながら毎年「プライベート年金」をパーセンテージで引き出していくのです。

7000万円のポートフォリオ

期待リターン5%

引き出し率4%

この条件と仮定してポートフォリオを管理し続けたとしましょう。

つまり、資産は長期的に見ると1%増える仕組みになっています。

7000万円の4%は月25万円の資産には若干届きませんが、年々ポートフォリオが膨らむことで金額ベースも増えていきます。

仮に7800万円にポートフォリオが膨らめば同じ4%の引き出しでも312万円を1年間で引き出すことが出来ます。

逆にポートフォリオが収縮して6900万円になってしまうと276万円しか引き出せません。

つまり、毎年の運用成績で引き出す金額が変わってくるのです。

「ポートフォリオの成績で生活支出にメリハリをつければ良い」と考える事が出来れば対応するのも難しい事ではありません。

毎年のプライベート年金の引き出しはポートフォリオの「資産配分」を崩さないように、部分的にファンドを解約していきます。

それから、年1回資産を「リ・バランス」して、あなたのポートフォリオのバランスを保つようにしましょう。

プライベート年金の引き出しと同じタイミングで行うと良いかもしれません。

この考え方がポートフォリオの原資を保ちつつプライベート年金を引き出すノウハウなのです。

【支持されて一周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版
世界を股にかけるビジネスマンの疎外感
投資がキライなのはあなたのせい?
日本人に投資が広まらない理由
投資を日本流にアレンジしたら積立てに
つらい投資はしない
「しくみ」があなたの資産を殖やす
投資のプロセス作り
なぜ、今投資を始めるのがベストなのか
人生90年3つのステージ
2つの投資の意味
72歳で預金残高180万円の現実
人生の出費に優先順位を
手取り収入はもう増えない?
マイホームよりも将来の資産を優先させる
公的資金もあてに出来ない
積立て貯蓄はインフレに負けてしまう
目標 65歳時に7000万円の資産
毎月5万円の掛け金をクリアする方法
個人年金保険より、積立て投資
生活防衛資金の重要性
積立て投資を実行するための「4つのプロセス」
なぜ、投資信託を選ぶべきなのか
投資信託の種類の選び方
投資信託に関わる会社
日本は投資信託先進国
投資信託のキーワード「ノーロード」「インデックス」
すべての投資信託は必ずどちらかに該当する
メンタルな充足を求めて
投資信託に対する不安を解消する
魔法のことば「組み合わせ」
ポートフォリオ的発想をしよう
ビジネス感覚で世界に投資する
外貨建て資産を買わないのはなぜ?
センターピンを外さない
積立て窓口を決める3つの条件とは
金融商品の決定
ポートフォリオの三層構造とは?
ポートフォリオ理論
これが組み合わせ3つのパターン
もっと知りたい、配分割合について
配分した割合と貯まった割合は違う
ビギナー型の配分が変わっていく例
積立て投資をスタートしたら年に1度はバランス調整
ボーナス1回は手動で投資する
バランス調整する例
投資姿勢も3つのステージで変化させる
現役ラスト10年の積立て投資ルール
リタイア後の投資ルール
ここが知りたい積立て投資Q&A
積立て投資のメリット9カ条
勝率100%を出し続けている投資法・100万円/月越え続出中『 BookMakerPro2012 』ブックメーカー・プロ2012
【返金保証付き】青木愛弥と学ぶ株式投資錬金術基礎セミナー
【ACB】バイナリーオプション専用自動売買システム 〜オートキャッシュバイナリー〜


























































確実な投資述!積立投資のススメ! All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。